So-net無料ブログ作成
検索選択

警察手帳の見分け方 [日記]

警察になりすまして悪いことをする輩がいるんですよね。

奴らは偽物の警察手帳を見せるわけですが本物と偽物の

違いってご存じですか?

今日は、本物の特徴についてシェアしたいと思います。



1,全国共通でパスケースみたいに縦開きの二つ折りになっている。


2,無地でつや消しの黒に近いこげ茶色 (ほぼ黒です)

  安価な偽物の大半は、革ケースが真っ黒です。


3,ケース上部の身分証カードは、帽子を被っていない状態で

  紺色の冬服を着た写真になっており3×3の正方形

  顔写真がプリントされている。

  いかにも貼り付けた感じの場合、まず偽物ですね。


4,ケースの下側は、制服のエンブレムをモチーフにしたバッジが

  埋め込まれていてその上に「POLICE」、「〇〇県警察」など

  書かれている。

  本物のバッジの色は、全体的につや消しの金色になります。

  安価な偽物はやたらとピカピカ光るつや有りである場合が多いそうです。



ただ、レプリカはいろんな種類があってホントにピンきりなので注意が必要です。

本物の警察官ならバッジを見せる際にじっくりと見せてくれるでしょう。

それを拒むなら怪しいと思うくらいの注意力は持っておいたほうが安全かもしれません。



こちらも警察官に情報提供するわけですからしっかりと身分を明かしてもらうのは

当然のこと。

くれぐれも安易に信用しないようにしましょう。

警察を装って近づいてくる馬鹿者もいますからね。
タグ:警察手帳
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。